« 医者のくせに、余計なこと言い過ぎ! | メイン | 太ってくれて、ありがとう »

2011年11月19日 (土)

『瞳の奥の秘密』'09・西・亜




あらすじ
刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難い
ある事件を題材に小説を書き始める・・・。


感想
ブラジル映画は、何本か観た事あるけど
アルゼンチンの映画観るの、初めてかもな。


出演は『NINE QUEENS 華麗なる詐欺師たち』
のリカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル
『今夜、列車は走る』のパブロ・ラゴ
『ルドandクルシ』

のギレルモ・フランセーヤ
監督は、「Dr.HOUSE」のフアン・ホセ・カンパネラ
撮影は、『スール/その先は…愛』
のフェリックス・モンティ・・・


当然、馴染みのない人ばっかää




アカデミー賞

外国語映画賞



未解決事件のミステリーを縦軸に

ラブストーリーを横軸にした作品で

やっぱり、アカデミー賞だなと感じるのか
これで、アカデミー賞?と思うのかは
好みの問題なので、ご自分の目で判断して
もらうしかないですが、アルゼンチン人俳優の
レベルの高さには、文句を言う人は少ないと思います。



『瞳の奥の秘密』公式サイト



ネタバレ感想はコチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/27472355

『瞳の奥の秘密』'09・西・亜を参照しているブログ:

» 映画レビュー「瞳の奥の秘密」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
瞳の奥の秘密 [DVD]◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみを描く「瞳の奥の秘密」。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所 ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:EL SECRETO DE SUS OJOS、英題:THE SECRET IN THEIR EYES。フアン・ホセ・カンパネラ監督のスペイン・アルゼンチン合作映画。今年の米アカデミー外国映画賞受賞作品。リカルド ... [続きを読む]

» 『瞳の奥の秘密』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。シークエンス自体についての記載もあり。第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンのファン・J・カンパネラ監督による『瞳の奥の秘密』。封印された真犯人。アルゼンチンに... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞外国語映画賞を受賞してからずーっと気になっていたアルゼンチンの作品です。 評判も良かったのに、こんなに観るのが遅くなってしまいました(^^ゞ 評判どおり見応えのある、じんわりといろいろな感情が心に残るような物語でした。 ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、1974年のアルゼンチンで起こったある殺人事件によって、人生を狂わ...... [続きを読む]

» 「瞳の奥の秘密」 (或る日の出来事)
何十年か越しのラブストーリーだったのだね、この話。 [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (あーうぃ だにぇっと)
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今日このごろ。 なんて言っていたら、ロシアがひどいことになってますね。 地球温暖化の影響にしか思えませんが・・・いったいどうなっちゃうんでしょうね。... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (Diarydiary! )
《瞳の奥の秘》 2009年 スペイン/アルゼンチン映画 - 原題 - EL SE [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (LOVE Cinemas 調布)
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・ホセ・カンパネラ。意外な事実に直面するラストに驚かされる。... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (映画鑑賞★日記・・・)
【EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES】2010/08/14公開 スペイン/アルゼンチン PG12 129分監督:フアン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハ ... [続きを読む]

» 映画「瞳の奥の秘密」 (今日の素敵さがし)
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。... [続きを読む]

» 『瞳の奥の秘密』 (こねたみっくす)
瞳の奥に秘められたのは愛が隠した正義という名の狂気か、それとも正義を貫けなかった後悔が隠した真実の愛なのか。 第82回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのアルゼンチン映画。 ... [続きを読む]

» 情熱の行方〜『瞳の奥の秘密』 (真紅のthinkingdays)
 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、25年前に担当したある事件を題材に小説を書こ...... [続きを読む]

» 映画評「瞳の奥の秘密」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アルゼンチン=スペイン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ ネタバレあり [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (心のままに映画の風景)
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の上司であるイレーネ(ソレダ・ビジャミル)と再会する。 1974年、...... [続きを読む]

» 瞳の奥に恋をして (Akira's VOICE)
「食べて,祈って,恋をして」 「瞳の奥の秘密」  [続きを読む]

» 【映画評】瞳の奥の秘密 (未完の映画評)
1974年のブエノスアイレスを襲った残虐な殺人事件を発端に、人間の業をえぐり出すミステリー・ドラマ。 [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (2ちゃんねる映画ブログ)
【アルゼンチン】瞳の奥の秘密 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1281771558/ 1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/14(土) 16:39:18 ID:K73xp5uS] 公式 http://www.hitomi-himitsu.jp/ [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (2ちゃんねる映画ブログ)
【アルゼンチン】瞳の奥の秘密 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1281771558/ 1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/14(土) 16:39:18 ID:K73xp5uS] 公式 http://www.hitomi-himitsu.jp/ [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年10月3日(日) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『瞳の奥の秘密』公式サイト アカデミー外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画。 ミステリーであり、ラブストーリーである。 25年前の事件を掘り下げるが、納得のいかない事項があり、それを追求してたどり着いた驚愕の事実は、とても恐ろしいものだ。 最後は、平和裏に終了。でも、亭主と子供どうするんだ? 映画は全編グイグイ引っ張る面白さがある。 ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。物語 ... [続きを読む]

» *瞳の奥の秘密* (Cartouche)
映画『瞳の奥の秘密』 刑事裁判所を退職したベンハミンは、残された時間で25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。それは1974年、銀行員の夫と新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件。当時、渋々担当を引き受けたベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人の職人が逮捕されるが、それは拷問による嘘の自白によってだった…。..... [続きを読む]

» *瞳の奥の秘密* (Cartouche)
映画『瞳の奥の秘密』 刑事裁判所を退職したベンハミンは、残された時間で25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。それは1974年、銀行員の夫と新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件。当時、渋々担当を引き受けたベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人の職人が逮捕されるが、それは拷問による嘘の自白によってだった…。..... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アルゼンチンを舞台に描かれたミステリーベース、でも実は愛の深さを描いた作品と。巷の評判はとってもいい作品です。裁判所を退職し、かつてかかわった事件を小説にしようとしていたベンハミンは、あの頃の女性上司に逢いに行く。事件は25年前の女性暴行殺人事件。一度は誤... [続きを読む]

» 「瞳の奥の秘密」まぁまぁでした (ポコアポコヤ 映画倉庫)
アカデミー外国語賞ノミネートに、世間の方々の評判も高いとなると、いやがおうにも期待してしまうというもの・・。 [続きを読む]