« 『モールス』'11・米 | メイン | ありがとう日本 »

2012年7月24日 (火)

『アンチクライスト』'09・丁・独・仏・瑞・伊・波




あらすじ
激しいセックスに没頭している最中に
幼い一人息子が・・・。


解説


カンヌ国際映画祭

女優賞受賞


出演は『ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール』
のシャルロット・ゲンズブール
『マンダレイ』のウィレム・デフォー。



パルム・ドッグ

ノミネート


受賞したのは『カールじいさんの空飛ぶ家』のダグで
本物の犬でなくても、CGでも良いみたいですけど
ネタバレになるが、犬ですらないやんå


『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

ラース・フォン・トリアー監督が、鬱病の

リハビリがてらに撮った作品なので

勇気がある人だけ、ご覧下さいää


撮影は『ドッグヴィル』
アンソニー・ドッド・マントル。




『アンチクライスト』公式サイト




ネタバレ感想

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/29417957

『アンチクライスト』'09・丁・独・仏・瑞・伊・波を参照しているブログ:

» 『アンチクライスト』 私を泣かせてください (映画のブログ)
 最初の10分間だけで映画代を払う価値があった、と『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想に書いたが、『アンチクライスト』は冒頭の5分を観ただけで大満足だった!  これまでもたびたび引用している岡田斗...... [続きを読む]

» アンチクライスト (いやいやえん)
監督さんはうつ病の自己治療的な意味もこめてこの作品を製作したらしい…。もっと鬱にならないか?これ… 美しいモノローグの中、激しい性行為の最中子供が転落死した夫婦。妻は精神的に追い込まれており、セラピストである夫は彼らがエデンと呼ぶ森の小屋へと妻を連れてくる。 やたら落ちてくるどんぐりや混沌とした森、しゃべる狐や胎児を半分出したままの鹿など、なにかを暗示しているかのような描写とともに、妻の狂気はドンドン加速する。 やがて夫は、妻がこの小屋で悪魔崇拝や魔女の研究をしていた事を知り、一方妻は... [続きを読む]

» アンチクライスト (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  メガホンをとったのは、『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドッグヴィル』のラース・フォン・トリアー監督。主演はウィレム・デフォーとシャルロット・ゲンズブールなのだが、死んだ赤ちゃんを除けば彼等二人しか登場しない二人芝居でもある。  激し... [続きを読む]

» アンチクライスト (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  メガホンをとったのは、『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドッグヴィル』のラース・フォン・トリアー監督。主演はウィレム・デフォーとシャルロット・ゲンズブールなのだが、死んだ赤ちゃんを除けば彼等二人しか登場しない二人芝居でもある。  激し... [続きを読む]

» アンチクライスト (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:ANTICHRIST。ラース・フォン・トリアー監督、シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー。欧州諸国合作のサイコホラー。セックスのオルガスムスは「小さな死 ... [続きを読む]

» アンチクライスト・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
デンマークの鬼才、ラース・フォン・トリアーによるミステリアスなスリラー。 事故で子供を喪った夫婦が、心を癒すために訪れた森で、狂気の地獄に溺れてゆく。 「アンチクライスト」という直球なタイトルに...... [続きを読む]

» アンチクライスト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アンチクライスト [DVD]ほぼ二人芝居のこの物語は、自ら“うつを患った”と公言するラース・フォン・トリアー監督が、物議を醸すことを目的にしたかのような問題作だ。子供を失った ... [続きを読む]

» 「アンチクライスト」 (或る日の出来事)
ラース・フォン・トリアー監督は素直すぎる。表現が行き過ぎたとしても、自分の思うところを映画に留めずにはいられないのだろう。 [続きを読む]

» アンチクライスト (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月4日(金) 20:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『アンチクライスト』公式サイト ラース・フォン・トリアーが嫌いだ。「エレメント・オブ・クライム」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」映画じゃないけど「キングダム」しか観ていないが。 嫌な目に会うのだろうなとも思ったが、怪人ウィレム・デフォー先生が出ているというので、観ることにした。 先生の恍惚の表情と同時に、先生の息子である幼児が飛び降り死亡。 妻のシャルロット... [続きを読む]

» ANTICHRIS♀ (L'ATALANTE)
デンマークの映画監督カール Th.ドライヤーの作品では、それがメタファーであれ、魔女的な女性の存在に大きなスポットが当たります。中でもそれが最も直接的に描かれている『怒りの日』(Vredens Dag 1943)を久しぶりにビデオで観直しました。 映画の中で神に仕える男たち、魔女を断罪する彼らを突き動かすのは負の感情です。ドライヤーはそうした欺瞞や不寛容を、ナチへの抗議姿勢と重ねながら告発していはいるけれど、しかし一方で、その告発を通じて、魔女として断罪される女性たちを擁護しているかと言え... [続きを読む]

» 「アンチキリスト」感想・・・(+_+) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
痛たたた!!見てられましぇん!! [続きを読む]