« 超ハードスケジュール | メイン | メダリストの前で赤っ恥 »

2012年8月22日 (水)

宿命の対決



「ええボール投げるな
思い切り腕振ったら
球児のようになれるで」



大阪府堺市のボーイズリーグのジュニアホークスの
OBで技術顧問だった現オリックスの岡田彰布監督に
そう教わった、エースの福丈幸も堺出身だが



大阪出身8人

高知出身2人



ほぼ大阪代表明徳義塾

本家・大阪代表の大阪桐蔭との準決勝は

打っては2打点、投げては107球完投1失点で
ベスト4へと導いたエース福の連投を避けた明徳は
滋賀出身の福永、兵庫出身の岸のリレーを選択するが
4失点して、武蔵の母校・堺市立宮山台中出身の



藤浪晋太郎

甲子園初完封


大阪桐蔭は史上7校目の春夏連覇に王手






準決勝のもう1試合は、非大阪系最後の牙城ää

阪神の久慈コーチの母校の東海大甲府



大阪出身7人

青森出身4人



大阪第2代表の光星学院との一戦


昨年の10人に比べたら改善したし、大阪出身が
大阪桐蔭(10人)より多い11人もいるのに
2回戦で敗退した福井工大福井より、マシだがä١



堺市立美木多中出身で、一昨年の準優勝投手の
一二三慎太(現阪神)の後輩



北條史也

2打席連続

ホームラン
Ӥä


清原和博(PL学園)が持つ
最多本塁打5本の大会記録に王手



守備も上手いし、ドラフトで競合必至やな。


中村負広が、くじを外す姿しか想像できないが
地元出身なんやし、阪神には指名して欲しいää






将来的に3番西田直斗、4番北條が実現したら
暗黒を回避できる気がする





ミスを連発する東海大甲府に対して光星学院は
川端慎吾
OBにいるボーイズリーグのオール狭山ボーイズでも
北條のチームメイトだった大阪狭山市出身の


田村龍弘

トドメの

3ラン



小柄だけどパンチ力あって、肩も強いから
城島は引退しそうだし、こっちも指名しとけää



大阪分家の光星学院が9-3で完勝して


史上初

春夏同一校

決勝戦
Ӥä


藤浪、沢田の強力投手陣の大阪桐蔭と
北條、田村の強力打線の光星学院。

光星学院の方に勢いを感じるが
大阪桐蔭が返り討ちできるか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/29604107

宿命の対決を参照しているブログ:

» 大阪桐蔭と光星学院が春に続いての決勝進出 (FREE TIME)
夏の甲子園は準決勝。 大阪桐蔭と光星学院が決勝進出を決めて、史上初となる春夏連続同一校による決勝カードになりました。 [続きを読む]