« 『モンスター上司』’11・米 | メイン | 『ラブ・アゲイン』’11・米 »

2012年11月10日 (土)

『マージン・コール』’11・米




あらすじ
2008年、ニューヨーク。ウォール街の投資会社で
解雇となったエリックは、ピーターに「用心しろよ」と
意味深な言葉を残し・・・。


解説


インディペンデント

スピリット賞

ロバート・アルトマン賞

新人作品賞受賞

アカデミー賞

脚本賞候補


日本では劇場未公開で、2012年

2月3日にDVDが発売されましたけど
アカデミー賞のノミネーションが発表されたのは
1月24日で、その時点ではDVDの発売は
決定されてるだろうし、もう少し様子を見て
アカデミー賞を売りにして、劇場公開すれば
良かったと、配給会社は後悔しただろうなä١



出演は『ユージュアル・サスペクツ』
のケヴィン・スペイシー
『ビューティフル・マインド』のポール・ベタニー
『スター・トレック』のザカリー・クイント
「ゴシップガール」のペン・バッジリー
『マリー・アントワネットの首飾り』
のサイモン・ベイカー
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のメアリー・マクドネル
『ゴースト/ニューヨークの幻』のデミ・ムーア
『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』
のスタンリー・トゥッチ
『運命の逆転』のジェレミー・アイアンズ。


監督脚本は、長編デビューとなるJ・C・チャンダー
撮影は『ラビット・ホール』のフランク・デマルコ
音楽は『ボーイズ・ドント・クライ』のネイサン・ラーソン。




ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201211100000/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/30247281

『マージン・コール』’11・米を参照しているブログ:

» マージン・コール (いやいやえん)
豪華な俳優陣、とりわけポール・ベタニーさん(好き)が出演しているので見てみました。世界を震撼させる大恐慌も、会議室に集まる少人数によってその引き金が引かれるんですね。大手投資会社が気付いた時にはすでに回復不能な状態へ…。 金融恐慌の話しだし、難しいだろうと思っていたのですが(勿論難しい問題なんかが含まれているのだろうけれど)知識のない私がみても、十分堪能できる作品になってました。 失態により2つの選択「破綻する」or「破綻しない代わりに恐慌を起こして大勢の不幸な人を作る」のどちらかを選択... [続きを読む]

» マージン・コール (映画にする?)
世界金融危機に陥る前の24時間を金融マンの視点から描きアカデミー賞オリジナル脚本賞の有力候補とされている、サスペンスドラマです。 マージン・コール (2011) アメリカ 監督: ... [続きを読む]

» 映画評「マージン・コール」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督J・C・チャンダー ネタバレあり [続きを読む]

» 『マージン・コール』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場未公開  上映時間:106分  原題:MARGIN CALL  配給:ミッドシップ  監督:J・C・チャンダー  主演:ケヴィン・スペイシー      ポール・ベタニー      ジェレミー・アイアンズ      デミ・ムーア      スタンリー・トゥッチ      ザカリー・クイント 2008年、ニューヨーク。ウォール街の投資会社で大量解雇が始まった。解雇対 ... [続きを読む]

» 『マージン・コール』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場未公開  上映時間:106分  原題:MARGIN CALL  配給:ミッドシップ  監督:J・C・チャンダー  主演:ケヴィン・スペイシー      ポール・ベタニー      ジェレミー・アイアンズ      デミ・ムーア      スタンリー・トゥッチ      ザカリー・クイント 2008年、ニューヨーク。ウォール街の投資会社で大量解雇が始まった。解雇対 ... [続きを読む]

» 「マージン・コール」:国滅びて山河なくローンあり (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:J・C・チャンダー 出演:ケヴィン・スペイシー 米国2011年 *DVD 日本未公開作品。ネットのどこかで、リーマン・ショックを的確に描いていると褒めている文章を読んだのを、レンタル屋に並んでいるのを見て思い出して借りてみた。 ウォール街の投資銀行にリストラ請負会社の職員たちが入ってくる場面から始まる。銀行内でリスク管理を担当する部署ではその日、8割[E:sign03]の社員が解雇された。 この時、ケヴィン・スペイシー扮する上司は陰鬱そうに涙目になっているが、それはリス... [続きを読む]

» 「マージン・コール」:国滅びて山河なくローンあり (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:J・C・チャンダー 出演:ケヴィン・スペイシー 米国2011年 *DVD 日本未公開作品。ネットのどこかで、リーマン・ショックを的確に描いていると褒めている文章を読んだのを、レンタル屋に並んでいるのを見て思い出して借りてみた。 ウォール街の投資銀行にリストラ請負会社の職員たちが入ってくる場面から始まる。銀行内でリスク管理を担当する部署ではその日、8割[E:sign03]の社員が解雇された。 この時、ケヴィン・スペイシー扮する上司は陰鬱そうに涙目になっているが、それはリス... [続きを読む]