« 現実(リアル)に抗え! | メイン | これが因果応報いうやつかいな »

2012年12月21日 (金)

もうすぐ終わる・・・






マヤ文明では、滅亡の日と言われてる今日ですが


大コケ全力少女


武井咲が宣伝する
神戸市立博物館の「マウリッツハイス美術館展」
が宣伝する
京都市美術館の「大エルミタージュ美術館展」
に比べて、地味な印象ä١の国立国際美術館の



エル・グレコ展






アメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館
スペインのプラド美術館をはじめ、世界中から
エル・グレコの油彩画50点以上が来日
日本初公開作品も数多く、国内史上最大の
エル・グレコ展となっているが、例の如く
朝日友の会で、無料で観た感想を書きますää



ベラスケス、ゴヤとともに、スペイン三大画家と
呼ばれるエル・グレコなんですが、本名は
ドメニコス・テオトコプーロスで、エル・グレコとは
ギリシャ人という意味ですää








高さ3mを超す「無原罪のお宿り」は圧巻の迫力やったけど
グレコの描く天使は、あんま可愛いないなä١


グレコは、注目させたい人物を目立たせる為に
今年流行のバーガンディーを効果的に使ってた気がした。


「キリストの復活」では、キリストがドヤ顔でしたが
世界初公開の「聖マルティヌスと乞食」とか数点では
何を考えとんのか分からへん表情しとったなۤ


「受胎告知」ほか、多くの作品で登場する白い鳩は
キリスト教で聖霊を象徴していて、公園とかで
甘やかされてる世界中の鳩は、キリスト教に感謝せなФ



「聖ラウレンティウスの前に現れる聖母」を除いて
グレコの聖人イメージは、鼻が尖り痩せていて
青白い顔のストイックな雰囲気らしくて
「聖ヨハネ」に到っては、顔色が悪すぎて
デスラーに近かったですää


「ディエゴ・デ・コバルービアスの肖像」という
グレコが模写した絵と、元の絵が並べて展示してたが
元の作品の人物より、痩せて顔色が悪かったФ


非常に人間的なマグダラのマリアと違い、マリアや
キリストは流石に神々しい雰囲気で描かれてましたが。

「十字架のキリスト」なんて、磔にされてるのに
S字曲線が美しいお姿でしたしää


ほんまにグレコの作品か?と思った血色の良い
「白貂の毛皮をまとう貴婦人」のモデルは
グレコの愛人という事で、納得したФ













B2Fでは、ナフタリンを使い、時間と共に
変化する作品や、金木犀の葉脈を用いて作り出した
巨大な布状の作品《景色のはじまり》を展示する


宮永愛子






撮影OKの展覧会をしていて、エル・グレコ展と同様
地球が滅亡していなければ、クリスマスイブまで
展示される事となっているää


タンスの嫌な匂いはしなかったですФ















-なかそら-

空中空

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/30650103

もうすぐ終わる・・・を参照しているブログ: