« プエル と 理子? | メイン | PRに負ける »

2013年3月18日 (月)

労働者の汗水たらした金が・・・



「良いじゃないですか
お父さん」





「綺麗な秘書を
雇ってウハウハ」


「親だから
遠くで笑ってねえと
いけねえんだよ」




「とんびのような鷹
鷹のようなとんび」




死ぬ死ぬ

詐欺ドラマää




TBS系「日曜劇場」の「とんび」の最終回
90分スペシャルの平均視聴率は20.3%
全10話の平均視聴率は15.5%だった。


デスクに死んだ母親の写真と一緒に並べて
写真が置いていたけど、実は死んでなくて
先週下敷きになり、とんびと鷹の旅は終わる
と予告で言ってたけど、結局死なへんかったかää


まぁ、死なんで良かったけど。


親の有難みを感じるええドラマやったなå



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/31262165

労働者の汗水たらした金が・・・を参照しているブログ:

» 【とんび】第10話 最終回 と統括感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
これは とんびとタカが旅をする物語だ。 人から「とんび」と呼ばれた父親と「タカ」と言われた息子の物語だ。 だけど、本当はどちらが「とんび」で どちらが「タカ」だったんだろう。 とんび 第1...... [続きを読む]

» とんび 最終回 (のほほん便り)
いかにも、日曜の夜にむく、ぽかぽかと温かい人情物語であり、不器用・親父、ヤス(内野聖陽)の子育てを通した成長物語。 常盤貴子、ここのところ、健気な良妻役が続いてますね。若くして亡くなった分、思い出の中で、美しさが際立ちました。 内野聖陽も、息子のアキラ役、佐藤健も大熱演。イイ味出してたけれど、やはり、チビちゃんであるほど、子役達の可愛さが光ってたかな? 「おとーしゃん」には、それだけで泣かされます。 アキラと結婚する吹石一恵もハマってたし、男手ひとつ、というより地域ぐるみで、ひとり... [続きを読む]

» 日曜劇場 「とんび」 最終話 (トリ猫家族)
 いや〜いい最終回だったんじゃないですか〜 ヤスには、やっぱりあの海のそばの町が似合っているよ。 ずっとお世話になったみなさんと一緒に、ゆっくりと年をとっていけばいいさ ... [続きを読む]

» 「とんび」父と子の愛情を注いだ先に立派な父親の姿がそこにあった (オールマイティにコメンテート)
「とんび」最終話はヤスが積荷の下敷きとなって病院に運ばれたがヤスは検査の結果無事だった。そんなヤスに東京転勤の話しとなり、ヤスは頑なに断るもアキラの根回しで東京へ行く ... [続きを読む]

» とんび 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
最終話「終幕~父が息子へ…30年の愛と命の物語が起こす奇跡の贈り物」2013年3月17日 平成11年・冬。 ヤス(内野聖陽)は走っているフォークリフトの積荷の下敷きになりそうになった葛原の嫁(橋本真実)の孫を助けようとして、代わりに下敷きになってしまう。 茫然と…... [続きを読む]