« 『サラの鍵』’10・仏 | メイン | 5位にサヨナラ »

2013年3月15日 (金)

『ドラゴン・タトゥーの女』’11・米・典・英・独




あらすじ
スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を
書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエル・・・。


解説


アカデミー賞
編集賞



6000万部を超えるベストセラーを
映画化し、2億ドルを超すヒット作ですけど
スウェーデン版を観てるから
ネタバレ状態なんで、そんなに楽しめんかったܤ


スウェーデン版を観た時も、謎解きが簡単すぎて
思ってたよりは、普通の映画やと感じたけどä١






出演は『007 慰めの報酬』のダニエル・クレイグ





『ソーシャル・ネットワーク』のルーニー・マーラ
『サウンド・オブ・ミュージック』のクリストファー・プラマー
『007 オクトパシー』のスティーヴン・バーコフ
『グラスハウス』のステラン・スカルスガルド
『愛と欲望の果て』のヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
『プレッジ』のロビン・ライト
『人生はビギナーズ』のゴラン・ヴィシュニック
『おかえりなさい、リリアン』のジェラルディン・ジェームズ
『チャタレイ夫人の恋人』のジョエリー・リチャードソン
『ナイロビの蜂』のドナルド・サンプター
『シンドラーのリスト』のエンベス・デイヴィッツ
『裸のランチ』のジュリアン・サンズ。






監督は『セブン』のデヴィッド・フィンチャー
脚本は『ハンニバル』のスティーヴン・ザイリアン





撮影は『ファイト・クラブ』のジェフ・クローネンウェス
編集は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
のカーク・バクスター
『ゾディアック』のアンガス・ウォール
音楽は『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のトレント・レズナー
『ザ・ウォーカー』のアッティカス・ロス。



ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303150000/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/31249801

『ドラゴン・タトゥーの女』’11・米・典・英・独を参照しているブログ: