« 可哀想なチンコ・・・ | メイン | 『リアル・スティール』’11・米 »

2013年3月 1日 (金)

『メゾン ある娼館の記憶』’11・仏




あらすじ
20世紀初頭、華やぐパリーー高級娼館`アポロニド'の
女たちは、毎夜美しく着飾り、男たちの欲望を満たす。


解説


セザール賞

7部門ノミネート

衣装デザイン賞受賞



娼館を舞台にしてる映画なので・・・


おっぱいが

いっぱい!
ݤ



でも、アート系の映画なので、裸が多い割には
あまりエロくはありませんでしたけどää







出演は『灼熱の肌』のセリーヌ・サレット
『水の中のつぼみ』のアデル・エネル
『THE SOURCE』のアフシア・エルジ





『イタリア的、恋愛マニュアル』のジャスミン・トリンカ





『キングス&クイーン』のノエミ・ルボフスキー
『あの夏の子供たち』のルイ=ド・ドゥ・ランクザン
『ポネット』のグザヴィエ・ボーヴォワ
『まぼろし』のジャック・ノロ。


監督・脚本・音楽はベルトラン・ボネロ
撮影は『ユキとニナ』のジョゼ・デエー。




ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303010001/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/31151949

『メゾン ある娼館の記憶』’11・仏を参照しているブログ: