« 『リアル・スティール』’11・米 | メイン | オリックス最強 »

2013年3月 3日 (日)

『俺の笛を聞け』’10・羅・典・独




あらすじ
シルヴィウの少年院の刑期は残すところあと5日。
釈放を目の前に、長い間留守にしていた母親が
戻ってきて・・・。


解説


ベルリン国際映画祭

審査員特別賞・銀熊賞

アルフレード・バウアー賞



サッカー好きなら、ハジ、中田英寿の元同僚のムトゥ
長友の同僚のキヴ
一般的には、ドラキュラ、チャウシェスク
コマネチ
ルーマニアモンテビデオääぐらいしかイメージがない

ルーマニアの映画です。



俺の笛を聞け!





英語題は『IF I WANT TO WHISTLE, I WHISTLE』。
「俺は吹きたい時に笛を吹く」って感じか。


監督はフロリン・セルバン、脚本は
『世界の終わりの過ごし方』の
カタリン・ミツレスク、フロリン・セルバン。




三大映画祭週間2012公式サイト



ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303030000/

5分だけでもいい♪

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/31157569

『俺の笛を聞け』’10・羅・典・独を参照しているブログ:

» 人生は親で決まるってのに反論するのってだいたい親に恵まれてた奴 (【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版)
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/03(日) 11:24:11.19 ID:xDsqY1DP0 ?2BP(1001)子供のときの人格形成の人生に与える影響を知らない [続きを読む]