映画 Feed

2013年3月15日 (金)

『ドラゴン・タトゥーの女』’11・米・典・英・独




あらすじ
スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を
書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエル・・・。


解説


アカデミー賞
編集賞



6000万部を超えるベストセラーを
映画化し、2億ドルを超すヒット作ですけど
スウェーデン版を観てるから
ネタバレ状態なんで、そんなに楽しめんかったܤ


スウェーデン版を観た時も、謎解きが簡単すぎて
思ってたよりは、普通の映画やと感じたけどä١






出演は『007 慰めの報酬』のダニエル・クレイグ





『ソーシャル・ネットワーク』のルーニー・マーラ
『サウンド・オブ・ミュージック』のクリストファー・プラマー
『007 オクトパシー』のスティーヴン・バーコフ
『グラスハウス』のステラン・スカルスガルド
『愛と欲望の果て』のヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
『プレッジ』のロビン・ライト
『人生はビギナーズ』のゴラン・ヴィシュニック
『おかえりなさい、リリアン』のジェラルディン・ジェームズ
『チャタレイ夫人の恋人』のジョエリー・リチャードソン
『ナイロビの蜂』のドナルド・サンプター
『シンドラーのリスト』のエンベス・デイヴィッツ
『裸のランチ』のジュリアン・サンズ。






監督は『セブン』のデヴィッド・フィンチャー
脚本は『ハンニバル』のスティーヴン・ザイリアン





撮影は『ファイト・クラブ』のジェフ・クローネンウェス
編集は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
のカーク・バクスター
『ゾディアック』のアンガス・ウォール
音楽は『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のトレント・レズナー
『ザ・ウォーカー』のアッティカス・ロス。



ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303150000/

2013年3月14日 (木)

『サラの鍵』’10・仏




あらすじ
夫と娘とパリで暮らすアメリカ人女性記者ジュリアは
1942年パリのユダヤ人迫害事件を取材し・・・。


解説


東京国際映画祭
最優秀監督賞受賞

セザール賞

主演女優賞

ノミネート



サラの鍵と言っても、真新しい鍵って意味ではなく
人の名前なので、勘違いしないようにää






出演は『唇を閉ざせ』のクリスティン・スコット・トーマス





『Ricky リッキー』のメリュジーヌ・マヤンス
『戦火の馬』のニエル・アレストリュプ
『マイケル・コリンズ』のエイダン・クイン





『ずっとあなたを愛してる』のフレデリック・ピエロ
『隠された日記 母たち、娘たち』のミシェル・デュショーソワ





『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』のドミニク・フロ
『インサイドゲーム』のジゼル・カサデサス。







監督・脚本は『美しい妹』のジル・パケ=ブランネール
脚本は『UV -プールサイド-』のセルジュ・ジョンクール
音楽は『戦場でワルツを』のマックス・リヒター





撮影は『ルパン』のパスカル・リダオ。




『サラの鍵』公式サイト




ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303140000/

2013年3月 8日 (金)

『シモンの空』’12・仏・瑞




あらすじ
スイスの高級リゾート地で、観光客から金目の物を
せっせと盗み出しては生活費を稼ぐ少年シモン・・・。


解説


ベルリン国際映画祭

銀熊賞(特別表彰)


まだ日本ではDVD化されてへんけど
WOWOWで放送された。


原題は『L'ENFANT D'EN HAUT(頂上の子供)』
英語題は『SISTER(姉)』、邦題はシモンの空



バラバラやん



原題は内容を分かりやすく表現していて、英語題は
見終わった後に納得できるタイトルで、邦題は
曖昧が好きな日本人らしいなä١



出演は、ケイシー・モッテ・クライン





『ミッドナイト・イン・パリ』のレア・セドゥ





『明日へのチケット』のマーティン・コムストン





「X-ファイル」のジリアン・アンダーソン。


監督・脚本はウルスラ・メイエ。





撮影は『熟れた本能』のアニエス・ゴダール。





ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303080001/

2013年3月 5日 (火)

『恋人たちのパレード』’11・米




あらすじ
卒業目前で両親を亡くした、獣医志望の大学生
ジェイコブ。経済的に追いつめられた彼は・・・。


解説


全世界で

1億$超え

スマッシュ

ヒット!





『悪女』の時は、DVD版では収録されてるが


劇場版では

出演シーンが

カットされた


ロバート・パティンソンは、リース・ウィザースプーンと
2度目の共演となる今回は、相手役と大出世したää



そして、リースは『悪女』で仕事をしたもう1人(?)の

大物とも、2度目の共演を果たしたが、それは
『ダンボドロップ大作戦』
『小さな贈りもの』
『ジャングル・ジョージ』等、数多くの映画に出演した


象のタイ




44ヶ国語に翻訳されたベストセラー
『サーカス象に水を』の映画化で
原題は『Water for Elephants』なのに



どっから
パレード
出てきてん?
狼




共演は『イングロリアス・バスターズ』
のクリストフ・ヴァルツ
『ブライト・スター~いちばん美しい
恋の詩(うた)~』のポール・シュナイダー





『イントゥ・ザ・ワイルド』のハル・ホルブルック
『アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲』のジム・ノートン
『白雪姫と鏡の女王』のマーク・ポヴィネッリ
『ハンニバル・ライジング』のリチャード・ブレイク
『バニシング・レッド』のケン・フォリー
『ジャーヘッド』のスコット・マクドナルド
『イントゥ・ザ・ブルー』のジェームズ・フレイン。






監督は『コンスタンティン』のフランシス・ローレンス





脚本は『マディソン郡の橋』のリチャード・ラグラヴェネーズ





音楽は『アイ・アム・レジェンド』の
ジェームズ・ニュートン・ハワード。




『恋人たちのパレード』公式サイト



ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303050000/

2013年3月 3日 (日)

『俺の笛を聞け』’10・羅・典・独




あらすじ
シルヴィウの少年院の刑期は残すところあと5日。
釈放を目の前に、長い間留守にしていた母親が
戻ってきて・・・。


解説


ベルリン国際映画祭

審査員特別賞・銀熊賞

アルフレード・バウアー賞



サッカー好きなら、ハジ、中田英寿の元同僚のムトゥ
長友の同僚のキヴ
一般的には、ドラキュラ、チャウシェスク
コマネチ
ルーマニアモンテビデオääぐらいしかイメージがない

ルーマニアの映画です。



俺の笛を聞け!





英語題は『IF I WANT TO WHISTLE, I WHISTLE』。
「俺は吹きたい時に笛を吹く」って感じか。


監督はフロリン・セルバン、脚本は
『世界の終わりの過ごし方』の
カタリン・ミツレスク、フロリン・セルバン。




三大映画祭週間2012公式サイト



ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303030000/

5分だけでもいい♪

2013年3月 1日 (金)

『メゾン ある娼館の記憶』’11・仏




あらすじ
20世紀初頭、華やぐパリーー高級娼館`アポロニド'の
女たちは、毎夜美しく着飾り、男たちの欲望を満たす。


解説


セザール賞

7部門ノミネート

衣装デザイン賞受賞



娼館を舞台にしてる映画なので・・・


おっぱいが

いっぱい!
ݤ



でも、アート系の映画なので、裸が多い割には
あまりエロくはありませんでしたけどää







出演は『灼熱の肌』のセリーヌ・サレット
『水の中のつぼみ』のアデル・エネル
『THE SOURCE』のアフシア・エルジ





『イタリア的、恋愛マニュアル』のジャスミン・トリンカ





『キングス&クイーン』のノエミ・ルボフスキー
『あの夏の子供たち』のルイ=ド・ドゥ・ランクザン
『ポネット』のグザヴィエ・ボーヴォワ
『まぼろし』のジャック・ノロ。


監督・脚本・音楽はベルトラン・ボネロ
撮影は『ユキとニナ』のジョゼ・デエー。




ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201303010001/

2013年2月28日 (木)

『一命』’11・日




あらすじ
名門・井伊家の門前に一人の侍が
切腹を願い出た・・・。


解説


時代劇初の

3D映画



WOWOWでは、3D版も放送されたけど
普通のテレビなんで、2D版を観ましたää



パロアルト国際映画祭

PAIFF&Dolby3D賞



そんな賞、知らねーФ






小林正樹監督の『切腹』以来となる
滝口康彦の小説『異聞浪人記』の
2度目の映画化だそうです。


出演は「武蔵 MUSASHI」の市川海老蔵
『ガマの油』の瑛太





「それでも、生きてゆく」の満島ひかり





『忍たま乱太郎』の竹中直人
『銀色のシーズン』の青木崇高
「開拓者たち」の新井浩文





『クローズZERO』の波岡一喜
『逆転裁判』の平岳大
『神様のパズル』の笹野高史
「平清盛」の中村梅雀





『十三人の刺客』の役所広司。


監督は『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』
の三池崇史。





ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201302280000/

2013年2月26日 (火)

『レ・ミゼラブル』’12・英




あらすじ
1815年、ジャン・バルジャンは、19年も
刑務所にいたが仮釈放されることに・・・。


解説


アカデミー賞

助演女優賞

メイクアップ賞

録音賞


「いのち燃ゆ」、「愛無情」、世界名作劇場
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」など
日本人にもお馴染みのヴィクトル・ユゴーの
小説をミュージカル化した舞台の映画化で



あっちゃんは

4回も観た!



マエアツはミュージカル好きで、『上流社会』も

好きだそうですが、この作品は全編歌なので

踊りまくる昔のミュージカルみたいなのを
期待して、がっかりする人もいるかもしれない。



出演は、第81回アカデミー賞の授賞式でデュエットした
『プレステージ』のヒュー・ジャックマンと
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』
のアン・ハサウェイの他





『マスター・アンド・コマンダー』のラッセル・クロウ





『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライド
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』のエディ・レッドメイン
『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーター
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
のサシャ・バロン・コーエン
サマンサ・バークス、イザベル・アレン
『オー!マイ・ゴースト』のアーロン・トヴェイト
『モンテ・クリスト伯』のパトリック・ゴッドフリー
『バンク・ジョブ』のマイケル・ジブソン
舞台版ジャン・バルジャンのコルム・ウィルキンソン。



監督は『ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト』
のトム・フーパー





脚本は『グラディエーター』のウィリアム・ニコルソン
アラン・ブーブリル、ハーバート・クレッツマー
クロード=ミシェル・シェーンベルク
撮影は『THIS IS ENGLAND』のダニー・コーエン。




『レ・ミゼラブル』公式サイト


ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201302260000/

2013年2月24日 (日)

『ミラノ、愛に生きる』’09・伊




あらすじ
異国の地ミラノの富豪に嫁ぎ、家族に尽くしてきた
美貌のロシア人エンマ・・・。


解説




ジル・サンダー

&フェンディ

Wネーム映画






現在はクリスチャン・ディオールの
ディレクターですが、当時はジル・サンダーの
ディレクターだったラフ・シモンズが女優陣の
シャネルも兼任しているカール・ラガーフェルドが
デザイナーのフェンディが男優陣の衣装を手掛け



アカデミー賞

衣装デザイン賞

ノミネート

ゴールデン

グローブ

外国語映画賞

ノミネート







出演は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のティルダ・スウィントン





『ベニスに死す』のマリサ・ベレンソン





『ボローニャの夕暮れ』のアルバ・ロルヴァケル
『愛の嵐』のガブリエル・フェルゼッティ
House of Warisというブランドのジュエリーデザイナー




『ダージリン急行』のワリス・アルワリア。


監督・脚本は『メリッサ・P ~青い蕾~』
のルカ・グァダニーノ
撮影は『スイミング・プール』のヨリック・ル・ソー
音楽は『黒い果実/愛と欲望のはて』のジョン・アダムズ。




ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201302240000/

2013年2月22日 (金)

『friends もののけ島のナキ』’11・日




あらすじ
雲に隠された海の向こうには、不思議な
もののけの棲む島があった・・・。


解説


日本アカデミー賞

アニメーション作品賞

ノミネート



教科書にも採用されたらしいけど
読んだ記憶がない『泣いた赤鬼』





ってのが、原案のアニメ。


原作ではなく、原案ってのが曲者で
変更点に不満を持つ人もいるみたいです、






声の出演は『ジュブナイル』の香取慎吾
『ももへの手紙』の山寺宏一
『なくもんか』の阿部サダヲ
『ゲゲゲの鬼太郎』のYOU





『おまえうまそうだな』の加藤清史郎





「秘密結社鷹の爪」のFROGMAN





『おおかみこどもの雨と雪』の大木民夫
『天空の城ラピュタ』の鈴木れい子





『名探偵コナン 11人目のストライカー』の湯屋敦子。



監督は『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
の山崎貴
「もやしもん」の八木竜一。




ネタバレ感想はコチラhttp://plaza.rakuten.co.jp/february4th/diary/201302220001/